FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12/3 ウヰスキー

ういすきー





ういすきー3




 私は極端にアルコールに弱い。大酒飲みの人達は口々にその方が安上がりで良い、とか失敗がなくて良い等と言う。でも何かと不便な事も多いので最近アルコールの特訓を始めた。しかもウイスキーで。
 お酒好きの友人が美味しそうに旨さを語りながら飲んでいるウイスキーを見たら羨ましくて。グラスに少しだけ入れてゆっくり舐めるウイスキーなら自分もいけるのでは?と思い始めたのだ。
 そしてもうかれこれ三週間近く、毎晩の晩酌…いやいや、訓練を続けている。最初は普通に手頃な値段で売られている Ballantine's Finest を試してみた。最近は近所に見つけた酒屋で高級品とは言えないが明らかにクラスの違うであろうウイスキーを友人と一本ずつ買って楽しんでいる。
 飲めば飲む程美味しさがわかってくるし、蒸留所や熟成年数の違いによって大きく変化する味や香りを感じるのもとても楽しい。そして何より初期に比べて明らかにアルコールに強くなってきた気がする。今まで不便に感じていた食事の席での一杯や飲み会等で訓練の成果を披露できる日はいつの日になるのか…そんな事を思いながらこいつらを眺めウイスキーを飲む。気分はすでにハードボイルドだ。




にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ

はじめまして

こんばんは。グルコックさんのところから来ました。
ウィスキー飲みはじめられたのですね。
ならば帰国される事があったら、是非「山崎」を試してみてください。
18年や25年は高価ですので、できれば12年(たった2年でも10年とはまったく違います)がお勧めです。
私も夫がウィスキーにはまるので知らなかったのですが、日本の「山崎」は世界のブランドとして知られている最高の味と香りを持つウィスキーなんです。
山崎蒸留所が近いので、たまに見学に行きます(無料の試飲ができます)。
ウィスキーの造られる過程というのは、実に興味深いものですよ。
http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/kodawari/index.html

グリーンパイは今はいませんが、以前マノクワリ産飼育していました。
[ 2012/01/31 05:42 ] [ 編集 ]

こんばんは!はじめまして!
山崎と響、余市は日本で試してきました。山崎は18年のシェリーカスクだったので僕好みの深い甘い香りを存分に楽しむ事が出来ました。良い蒸留所ですね!
グリーンパイを眺めながらウイスキー。良いもんです。
[ 2012/01/31 10:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://allora0418.blog.fc2.com/tb.php/7-4f277902












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。